私が出会い系で出会えた女性との体験記!
【ハッピーメール体験記】ムチムチな30代人妻は不倫相手を探す淫乱熟女!

 

出会い系を使われる男性にも色々と目的はあります。

出会い系の初心者
やり取りしながら
お互いを理解した上で
彼女、セ○クスフレンドを探したい!

出会い系の初心者
今すぐに会ってデートしたり、
エ○チできる女性を探したい・・・

 

他にも挙げていけばいくつも目的というのはあります。

 

ただ、

今日とか、明日とか会ってエ○チする相手を見つけたい!

となると、

意外と難しものです。

というのも、

女性は感性で動く男性と違い、

理性で出会いを求めますので、

少ない回数でのやりとりで出会うとなると、

女性の目的は,

援希望がほとんどとなってしまっています。

 

出会い系の初心者
できれば、
やり取りを少なくてでも、
援希望以外の女性に出会いたい・・・

そのように思われている方にとって、

今回はピッタリな私の体験談となっています。

この方法が全てでなく、

完璧とも言えませんが、

一つのヒントとなる体験談ですので、

参考にしていただければ幸いです。


 

送ってくれた写真と一緒だった男受けする30代美人人妻

りえ
30代人妻
子供は二人
25歳で結婚
旦那が仕事で遅く帰ってくる関係上、りえさんが嫌ってレス状態に!
胸はCカップくらい、ちょいぽちゃな体型
顔は男が好むような顔だちでカーリングの本橋麻里似

ハッピーメールから出会った熟女人妻、りえ。

 

実は今までハッピーメールで私なりのルールを変えて挑んだところ、

りえとすんなり出会うことができたのです。

変えたルールの一つが、

女性プロフィール欄にアクセス状況という項目があります。

 

今までは、

この欄に上のように

『Web』

と表記されている女性を除外しながら探していました。

つまり、

このアクセス状況の欄に

『アプリ』

と記載されている女性のみをターゲットにしていたのです。

その理由としては、

『Web』記載の多くが、

業者やビジネスをしている人たちが多かったからです。

私の認識では、

『Web』と記載されている全部が業者やビジネス、

と判断して除外していました。

 

ところが、

TwitterでWebの意味を教えていただき、

「Web」もありかな・・・!

と思い、

『Web』記載も候補として入れるようにしたのです。

Web
ここで言うWebとは、
ブラウザを経由してハッピーメールを利用としていることです。
(Google ChromeとかAppleのSafariとか)
例えば、
アプリだとアプリマークを見られると、
使用していることが他人バレてしまいやすいです。
ブラウザ経由でハッピメールを使うとなると、
まずブラウザを開かないと、
ハッピーメールを使っていることがわからないため、
他人にバレにくいメリットはあります。

 

もう一つが、

前回でも紹介した

『掲示板書き込み』に書き込むことでした。

掲示板書き込み

ハッピーメールには掲示板機能があります。

これには女性から書き込みする機能とともに、
男性が書き込む機能があります。
男性も一日一度の書き込みは無料です。

書き込む人の特徴として、
男女とも積極的な人が書き込んでいますので、
プロフ一覧検索と比べて出会える確率は高くなります。
ただし、
女性からの書き込みは業者や性ビジネス、
援目的の書き込みが結構多いのが注意点です。

 

そこで書き込みを見て私に声を掛けてきたのががりえでした。

実は最初、

りえは援希望でした。

そこで、

タクミ
私は援の人は全てお断りしています。
申し訳ございませんが失礼します。

りえは諦めて返信が来ないと思ったのでした。

そしたら、

返信がくるのです。

そして、

りえ
援のやり取りできなくても、
会ってもらえると嬉しいのですが・・・
ダメでしょうか?

 

と言ってくるのです。

こっちとすると、

りえは何が目的なのかが、

わからなくなりました。

試しに、

そんなに会いたいのであれば、

こっちから顔写真を要求すればどういう反応をするかと思い、

お願いすると、

すんなりと送ってくるのではありませんか!

それも、

加工無しな感じの、

デニーズで誰かに撮ってもらった写真でした。

可愛い〜〜

カーリングの本橋麻里さんに似た感じの美人でした。

でも、

りえの目的がよくわからない・・・

その後のやりとりがこちらです。

 

 

 

そして

やりとりはハッピーメールからLINEへと移行します。

実はりえ、

LINEでの名前を本名のまま登録していて、

名前バレバレ・・・(笑)

今時珍しい!

そんなやりとりから、

一番上のりえの書き込みから、

りえが早く会いたがっているのがわかりますよね。

じっくり型の私としては珍しく、

最短の1日で会うことが決まってしまったのです。(笑)

見せられませんが、

送ってきてくれた写真にイチコロって感じでしたねえ・・・(笑)

 

ただ、

私自身が翌日、

時間が空けられるのかがこの時点ではわからず、

翌日に返事して会うことになりました。

LINEでのやりとりにも書かれていますが、

某インター近くのショッピングセンター駐車場に

10時に待ち合わせ。

ショッピングモール駐車場

直接会ったりえの感想、

ネイルをしていて、

ほんの少しだけヤンチャっぽさが話し方から感じられたが、

顔は前日に送ってもらった写真と一緒!

それだけで感激してしまう私(笑)

 

そして、

まだ解消できぬりえの疑問を聞きながら、

少し離れたホテルへ行こうとすると、

途中でりえが

りえ
1時までに家に帰りたいんですよね・・・

と言い出す。

タクミ
(心の中で)
えっ?
LINEでのやり取りでは予定はないので!
って書いたよね!?

と思いつつも、

少しのドライブの時間を切って、

近くのホテルへイン。

ラブホテル駐車場

 

そしてシャワーをお互いに浴びはじめます。

 


 

 

 

ベッドインも積極的でない彼女にややトーンダウン!?

 

お互いにシャワーを浴びてベッドイン。

 

りえの服装が、

体型がわかりにくいダボダボな服だったため、

服を着ている状態では分かりにくかったが、

ベッドに入って、

裸のりえを見たら、

ややぽっちゃり体型だった。

でも、

私の許容範囲内のぽっちゃり、

というか、

むしろ理想なぽっちゃり具合でもう興奮マックス。

 

でスタートしたのだが、

りえはエッチに意外と積極的でない・・・

最初はある程度感じまくるまで、

乳首を舐めたりしゃぶったり、

愛撫して攻める。

りえ
はぁはぁ〜・・・はぁ

りえは感じているのだが、

りえがやり取りの中で、

てっきりエッチに飢えているものだとばかり思っていたので、

りえの反応は期待外れな反応でもあった。

嫌な言い方をすれば、

援の女性を抱いているような・・・

しばらくすると、

胸を触っていた私の手を払う仕草までしてくる始末・・・

こういう行為って、

意外と男からすると白けさせてしまう行為・・・

それでも私は攻め続け、

りえの陰部へと手を移動させる。

りえの陰部を指で触ってみると、

りえ
あっ!!

と声を上げて体をピクリと反応させた。

もうりえの陰部は、

ローションのような粘っこい液でグジョグジョな状態・・・

クリ○リスをコリコリと指で攻めると、

りえ
あ〜〜あ〜〜あ〜〜ん〜〜

一気にりえのエッチな声は大きくなる。

指をクリ○リスから、

りえの穴へ入れると、

りえ
あ〜〜〜〜あ〜〜〜〜

さらに反応が大きくなる。

りえが腰を浮かせたりくねらせたりしながら、

感じてくれている!

その反応は私にはすごく嬉しい。

しかし、

私がりえを攻めっぱなしで、

いつの間にか、

りえの指定した時間、

1時が近づく。

もう少し攻めたかったり、

りえにフ○ラして欲しかったが、

我慢して正常位で挿入しようとする。。

しかし、

挿入前に

タクミ
コンドームつけた方がいいよね!?

 

と聞くと、

りえ
生で大丈夫だょ!

という答えが。

その答えに甘えて挿入。

入れた瞬間、

締まってる!!

子供を二人産んだとは思えない締まり具合。

そして、

ローションのような粘着度合いの濡れ具合・・・

そしてりえの

りえ
やっぱりお○んちんが全然いいぃ〜〜

と言われてしまうと、

言葉だけで暴発してしまいそうだ。

確かにりえの顔を見ると、

目をぎゅっとつむり、

顔の向きを横にしながら、

気持ちよさを感じている雰囲気もたまらない。

これらの状況が、

いきにくい私でも、

これはヤバい

と思うほどの名器!

結局10分弱で、

絶頂を迎えそうになりりえに

タクミ
もうイキそうになってきた・・・
りえさん、
どこに出したらいい?
と聞くと、

りえ
たくみさんの精子、
欲しい!
イキそうになって
嬉しいぃ〜〜

そして程なく、

中ではなく、

りえのお腹に発射して終了・・・

りえ
ピル飲んできたから、
中で大丈夫だったよ!
あ〜
精子が下に垂れてきたあ〜

 

 

話を聞けば、

りえは、

二人目の子供を出産後、

子供を寝かしつけてながらりえ自身も寝て、

その後に旦那さんが仕事から帰ってくるので、

旦那が求めても徐々にりえからセ○クスを拒むように。

もともとは、

そんなにセ○クス好きというわけではなかったが、

そのうち、

旦那と別の男性と付き合うようになり、

少しずつセ○クスの気持ちよさに目覚めてきたようだ。

その彼と別れて、

新たな彼氏を、

ハッピーメールで探していた、

ということだった。

そして、

何人とかとやり取りしていく中で、

私の丁寧な返事などが好印象を持ったらしく、

会ってみたい!

とりえが思ったらしい。

 

しかし、

その割には、

エッチ中も

それほど積極的でなく、

フ○ラやキスはせずじまい。

(キスはコロナもあったりするけれど)

体位も正常位がほとんどで、

騎乗位やバックは無し・・・

なんだろう・・・

個人的には不完全燃焼な感じのまま終わってしまった・・・

 

実は、

りえとはこの先続けるのは難しいのかなあ、

と私は迷っていたし、

りえ自身も

多分、

私とは会わないだろうなあ・・・

という私の感覚だったのだが、

会って数日経過した今でも、

LINEでのやりとりは続いている。

こっちがLINEを送れば、

必ず返してくる。

いまだに

りえという女性を

ほとんど掴みきれていない私がいる。

ただ、

抱き心地が最高なぽっちゃりしたりえをもう一度抱いてみたい気持ちはあるし・・・

どうしようか、と迷う私(笑)・・・


 

掲示板書き込みは超オススメ!理由は・・・

 

ハッピーメールを介して、

なぜこうも簡単に、

りえと会うことができたのだが・・・

私が以前まで出会い系で女性探しをしていた方法が、

プロフ一覧検索から私がメールをしてアプローチをしていました。

ところが、

Twitter等で他の経験者からアドバイスをいただき、

掲示板に書き込んで女性が声掛けするのを待つ方法をやりはじめました。

実はこれ、

短いやりとりで会いたいと思う人には一番効果的なやり方だったのです。

女性からのアプローチするということは女性が男性を求めているサイン

女性が求める

女性から声を掛けるという事は、

女性自身が早くに会いたい気持ちを持っているからなのです。

男性がプロフ一覧検索などから女性へアプローチする方法は、

その女性がどのような男性を求めているのかが、

人によって違いますので、

短いやりとりで会いたい、

と思っている人にとっては、

掲示板書き込みに比べて非効率なやり方となってしまいます。

今回のりえも、

少しでも早く彼氏が欲しい、

という思いで彼女から声を掛けてきています。

 

ライバルが少ない

ライバル

プロフィール検索から女性を探すということは、

女性側からすると、

すでに他の男性とやり取りしている最中ということが想像できます。

なので、

女性自身から探す必要がない、

ということになりますよね。

プロフィール検索から、

自分がいいなと思った女性に声を掛けに行く時点で、

多数のライバルの中に飛び込んでいくようなものなのです。

そのような見方をすると、

女性から声を掛けるということは、

他の男性とやり取りしていない、

他の男性とやり取りしていても合わないから他を探す

やり取りしていても今会える人を探している

大まかにこの3通りが考えられますね。

そう考えると、

どう考えてもプロフィール検索から女性を探して、

女性にアプローチするよりも、

無料の掲示板書き込みをして、

女性から声が掛かってくるのを

待ったほうが効率的だと思いませんか。

 

経済的負担が軽い

ポイント

 

さらに、

掲示板書き込みは運営会社によって様々ですが、

無料で掲示板に書き込むことができますので、

経済的にも効率的なんです。

経済的効率的で言いますと、

女性から声掛けしたとなると、

LINEやカカオなど、

直接のやりとりへ誘導がしやすくもなりますので、

ポイントをそれほど使うこともないですよね。

 

 

 

実際に体験してみて、

掲示板への書き込みは絶対にするべき、

とあなたにお勧めしたいです。

 

あなたが考えている以上に、

女性から声がか掛かってきますよ。

私がそう実感していますので!

 


コメントを残す

関連キーワード
タクミ公式メールマガジンのご案内!

 

 

「出会い系でまだ女性と出会えない!」

「出会い系で女性と会ってもエッチを拒否される!」

「出会い系にお金を投資してる割には満足な出会いに至ってない!」

タクミ公式のメールマガジンは、このような出会い系サイトでの出会いが

0(ゼロ)かほぼ0(ゼロ)、のあなたに向けた内容となっています。

 

ブログやTwitterにも書かれていないような内容や、有益なノウハウも紹介しています。

 

『出会い系であなたのお望みな女性と出会ってみたい!』

と思われているあなた、ぜひ無料のタクミ公式メールマガジンを購読することをお勧めします!

 

おすすめの記事